クレジットカード利用注意書

クレジットカードの審査基準とは

クレジットカードを作る際の審査基準などは、カード会社によって多少異なりますが、基本的には、現在の借入額の有無と現在の収入、返済能力の有無を基本に審査していきます。
とくに、現在の収入に関する調査については、勤務先情報、職業、勤続年数や給与、雇用形態などを調査していきます。
また、住宅などの担保の有無なども調査対象になるでしょう。クレジットカードを作るということは、カード会社からすれば、本人が善人であるか否かということよりも、返済をするだけのポテンシャルがどれくらいあるのか、ということがとても重要です。
そのため、本人年収が少ないという場合でも、土地や不動産などが沢山あれば、審査に通るという場合もあるでしょう。
万一、ご自身が知人や友人に大金を貸す場合には、どのような条件でお金を貸しますか?
やはり「どのくらい相手を知っているか」「返済能力があるか」「返済する意思のある人間か」「万一返済してもらえない時にどうするか」など、色々と考えますよね。
それを考えれば、クレジットカード会社の審査も、非常にシンプルな条件で調査されていると言えます。

クレジットカードを所持するには審査が必要

クレジットカードは現金を持っていなくても買い物が出来る便利なアイテムです。非常に便利なアイテムですが、誰もが所持出来る訳ではありません。
所定の審査をクリアした人のみしか、カードを持つことが出来ません。
なぜ現金を持っていなくても買い物が出来るかと言いますと、カード会社が販売店に対して立替払いを行うからです。ですので、販売店は売上代金を必ずカード会社から受け取ることが出来ます。カード利用者は後日カード会社から請求が来ますので、期日までに支払うことになります。
その為、クレジットカードを持つには、後日きちんと利用代金を支払えるだけの資力と信用力が必要となります。その資力と信用力を問う為に審査が行われます。
どれくらいの収入があれば審査に通ると言った、明確な基準は公表されていませんが、それほど高い収入が要求される訳ではありません。
しかし既に複数のクレジットカードを所持していたり、多額の融資を受けいたりすると、審査に引っ掛かってしまう恐れがあります。

recommend

Last update:2018/11/12