クレジットカード利用注意書

クレジットカードの不正利用を防ぐためのセキュリティ

クレジットカードを使う場合、一番心配なのは不正利用です。
たとえば、インターネットでカードを使って商品を購入したり、サービスを受けたりした場合、ショップに伝えたカード番号が流出するなどして、第三者に勝手に使われてしまうと、非常に困ったことになります。
では、クレジットカード会社は、そういった事態に備えてどのようなセキュリティを講じているのでしょうか。見てすぐわかるのが、セキュリティコードの存在です。カードの裏面を見ると、サイン欄の横に三桁の番号が印刷されていますが、それがセキュリティコードと呼ばれるものです。
オンラインショップで商品を購入する場合、名前、カード番号のほかに、コードも入力するようになっていることがあります。
しかし、名前とカード番号はショップ側で保存できますが、コードは保存してはいけない決まりになっているのです。
そのため、万が一、カード番号が流出したとしてもセキュリティコードが流出することはないため、コードの入力が必須になっているところでは悪用できないのです。

クレジットカードにはたくさんのセキュリティ機能がある

クレジットカードには、不正利用を防ぎ利用者を守るためのセキュリティがいくつも備わっています。
盗難などによる紛失時の素早い停止措置はもはや基本で、近年では特にインターネットショッピングなどの、インターネット上での買い物に対するセキュリティ対策がどんどん進化しています。
暗証番号の設定はもちろん、クレジットカード裏面のコードを利用した認証システムや、その買い物でだけ使えるワンタイムパスワードの発行、インターネット上での注文や決済専用の本人確認コードの設定など、何重もの本人確認によって不正利用が防がれる仕組みになっています。
万が一何らかの要因で不正利用がなされてしまっても、通知メールやネット上の利用明細、専用アプリなどによってリアルタイムで利用状況が確認できるので、被害をすぐに把握して対応することができます。
特に、明らかに普段と異なる不審な利用があった時はクレジットカード会社側も積極的に確認してくれるので安心です。

Favorite

2018/8/22 更新